カテゴリー: 未分類

23 6月

携帯料金が高額にならないようにする方法について

月々の携帯料金を如何に高額にならない様にする方法としては、最初に有料のサイトの課金や従課金サイトに登録は行わない事です。特に気を付けたいのが初月無料とされているサイトなどで一旦登録すると初月は完全に無料にはなるのですが翌月になると料金が発生する事になります。

そこで初月無料のサイトを多数登録するとうっかり解約するのを忘れてしまったり中には解約の仕方が分からないなどの問題が発生したりする事もあります。

次に主にスマホなどを使われている方には誰もが該当する事になりますがスマホのゲームアプリになります。これらは基本無料で遊べるアプリですが一旦ハマりだしてしまうと中には課金などもして強くなりたいと思う方も出て来ると思います。

そこで気をつけたいのが各キャリアの決済で手軽に課金を行えるのですがここで一歩間違えるととんでもない金額になったりするのでオススメは出来ません。

次に各キャリア決済におけるネットショッピングでの買物なども高額になるのでこれもオススメはできません。最後に特にスマホにおける通信費になるのですが各料金プラン毎に、容量制限が設けられていて容量が超過すると通信速度が劇的に遅くなります。

そこで家庭等で各プロバイダーとの契約で自宅にWIFIなどのネット環境などが充実していたりマンションやアパートに備え付けのネット環境が充実していれば問題はないのですが、ここでどちらにも臨機応変に対応出来る様に外出時にスマホの通信費を少しでも見直しをして持ち運びの出来るポケットWIFIを持ち歩いたりすると良いと思います。

逆に外でほとんどネットをしない方は通信プランを安くするなどしつつ、必要な通信プランで契約して節約を行う方法があるので一度どちらが自分に合ったプランで如何に安くする為に各キャリアショップに来店して料金診断を行って貰い相談をすると良いと思います。

9 6月

通帳落としなら期限から遅れても大丈夫でした

私は携帯電話代金を通帳落としにしています、
今までに2回くらい入れ忘れていて期日過ぎました。
その時は後から入れましたがおちませんでした。
何日か経ってから振込用紙が送ってきました。
その振込用紙に払い込み期限が買いてありました。
なので通帳から落とされなくても大丈夫だという事が分かり、携帯電話を止められたりはありませんでしたから安心しました。
少し延滞手数料が100円くらい付きましたが携帯電話が使えなくならないなら良かったと思いました。
最初から振込用紙でコンビニや郵便局から支払いでも支払い期限過ぎても大丈夫でしたが一度何らかのアクションがあり止められたりはすると思います。
支払えばすぐに使えるようになりますから大丈夫です。
払う事が出来なければ事前に携帯電話会社に連絡したら対処の仕方を教えてくださると思います。

2 6月

先月どうしても払えなくなりました。

先月、友人の結婚式が二回重なったことでお金がなくなりました。ヤフオクでモノを売ったりと努力してみましたが、携帯代支払いの日になってもどうしてもお金がたりませんでした。 。

最初はカードローンでお金借りるか親に頼んでお金を借りようかと思いましたが、27歳なのですが、この歳になり親に迷惑をかけたくなかったので、当日クレジットカードでPS4proを買い、そのまま買取をしていただけるお店に持って行きました。

ちょうど携帯代くらいの買取金額だったので、買取をしていただき、その足でコンビニに携帯料金を支払いに行きました。

次の月に多少きつくなるとは思いましたし、この方法は世間的にあまりよくないと考えましたが、当日お金を得る一つの方法としては頭に入れておいても良いかと思います。昼間だったので短時間でお金を得ることができ、とても助かりました。

26 5月

スマホの通話料を抑えるには?

私は現在楽天モバイルをメイン機種として使っています。連絡はラインかメールを使うので、通話はほとんどしません。ですから850円で付けられる5分かけ放題オプションは契約していません。
しかしたまに通話をしなければならない時があります。前日もマンション管理会社に苦情を伝えるため電話したら、思いの外通話が長引きま25分も話してしまいました。30秒毎に20円かかるので、1000円も使ったことになります。これでは格安スマホの意味がありません。
そこで通話を安くかけられる方法はないかと探したら、楽天モバイルには楽天でんわというアプリがあり、無料でダウンロードできます。このアプリを通じて電話をかけると、半額でかけられるようになるのです。ちなみに他の格安スマホ会社にも、同様のアプリがあります。かけ放題オプションに加入したくない方に、最適なアプリです。
大手キャリアユーザーは2700円かかりますが、かけ放題に加入している方がいいでしょう。それかガラケーに機種変更しかけ放題をつけ、お持ちのスマホは格安スマホ会社のデータシム契約すれば、2台でも3000円ほどで利用できます。

1 4月

電話とメールだけでOKなので

私はかつてスマホを使っていた時期がありました。いわゆる格安スマホと呼ばれる部類のものでした。趣味にお金がかかってしまう関係で、他の支出はなるべく抑えたいと思っていたので、ガラケーからスマホに変えたときも、検索サイト大手の格安スマホを契約することにしました。

通信料は月2Gまでで2,980円、10分間の電話が何度でも無料となる契約内容でした。実際に私はラインや、インターネットなどの機能を利用するということはほとんどなく、スマートフォンの指で画面をタッチする操作が難しく、スマホを使うことを不便に思っていました。月々の料金も端末料金を含めると実質5,000円近くかかっていたので、お金の取りこぼしだとしか感じませんでした。

スマホに変更する以前はドコモのガラケーを使っていました。国内通話5分間無料、月々2000円の無料通話を含めて、月々の料金は2,350円(パケホーダイ未加入)、端末料金も総額で4,000円程度だったので、こちらのほうが料金を抑えられると考えました。

以降、ガラケーに戻すという、非現代的な決断をしましたが、ガラケーを使っていても不便だと感じることはほとんどなく、今後ともガラケーを使っていくことで料金を節約していきたいと思っています。

31 3月

電話を使いすぎない

わたしは、携帯電話の通話料金をできるだけ安く済ませるため、仕事相手以外に電話をするときには、LINEの通話機能を使うようにしています。もとからあまり電話で長話をするタイプではないのですが、それでも毎月の無料通話分よりは長く話をしないといけないこともあるので、長くなりそうな友だちからの相談などには、できるだけLINE通話を使って、Wi-Fi環境があるところで、通話をするようにしています。また、相手からかかってきた電話であれば、通話料金は発生しないので、電話がかかってきたらできるだけ早めにとり、自分からかけなおしをしなくてもいいように意識しています。友だちからの電話がきていて、折り返しをしないといけないときにも、可能な限りLINE通話を使っているので、通話料金は毎月安くおさえられている方だと思います。

26 3月

スマホの通話料金を節約する方法

スマホの契約をネットの利用重視にしていたため通話料はもともと高額の設定になっていました。あまり電話をすることがないので大丈夫だろうとそのままにしていた所たまたま電話をすることが多かった月に通話料だけで2000円ほどかかってしまいました。
それからは通話はアプリからするようにしています。おすすめなのがLINEOutです。新しく登録したりアプリを入れたりしなくてもLINEのアプリから直接使うことができます。CM動画を見ることで無料で電話ができます。またお店などでLINEOutに登録されている先なら動画を見なくても無料で電話ができます。
動画を見たくない場合はコールクレジットを購入して電話することになりますがそれを買っても携帯会社の通話料と比較するととても安いです。
LINEOutを利用するようになってから月の通話料を200円以下に抑えられるようになりました。LINEを利用している方にはおすすめです。

9 3月

携帯電話の通話料金を節約した方法

携帯電話の通話料金が高額になったことがありました。友人が多くて電話をする機会が多いことに加えて、長電話になってしまっていたからです。4000円近くになることもありましたので、さすがに何か対策を考えないといけないと思いはじめました。最初に、電話を減らすことを考えたのですが、今さら友人関係を切ることもできないので、あきらめました。次に考えたのが、LINEなどの無料通話アプリを利用することです。この方法により、無料通話アプリを使える人との通話料金が確実に減りました。だいたい3分の2ぐらいの人が使えたので、効果は大きかったです。ただそれでも、まだ3分の1ぐらいの人への対応をどうするかという問題が残ってしまいました。そこで、5分以内の電話はかけ放題のプランに加入することにしました。しかも、相手には、電話のはじめに、「5分で1回電話を切るからね」と断っておくようにしました。たまに、うっかり5分を過ぎてしまうこともありましたが、結果的に通話料金は1000円ぐらいになりました。

18 2月

通話料金を節約するには、自身の心がけも必要

携帯を持ち始め。携帯のプラン云々が全く分からず、
自分が入っているプランさえ把握していなかった頃、恋人と毎晩必ず電話をすることになったのですが
私の方が電話をかける機会が多く、電話代がかかっているという認識はあったのですが
さすがに想像を絶する程ではないだろうと、呑気に考えていました。
その結果、その月の携帯代は二万円。冷や汗をかきました。

急いで自分のキャリアの店舗へ行き、電話代を節約する方法は無いかと尋ねると
特定の相手と長時間電話をするのなら、月額315円程度のオプションをつけ、特定の電話番号を指定することで
自分と特定の相手との通話料はかからないとのことでした。

しかし今現在は不特定多数の人と電話をするのでその方法で乗り切るわけにはいきません。
キャリアによってプランは違いますし、自分にぴったりのプランを探すのも大事ですが
無駄話をしない、そして自分から電話をかけるときは
必ず話す用件をメモして話すようにしました。
そうすることで、通話料金だけで最高でも500円程度に収めています。
通話頻度によってもぴったりなプランがあるかもしれませんが
自身の心がけも大事だと思っています。

6 2月

格安SIM会社への乗り換え

やはり通話料金を安くするために行ったことは、格安SIM会社に乗り換えたとこでした。
それまで、3大キャリアの1つを利用していましたが、話したい放題のプランを選択し、
料金は1万円前後でした。しかし、Y’mobileに切り替えたことで、基本料金として4000円程度に
抑えることができました。そして肝心なのは、10分間無料という点。他の格安SIM会社では、大体5分無料のところ
Y’mobileは10分使えます。ですので、おおよそ10分話したら、相手に一旦電話を切る旨を伝えて、再度かけ直すことを
していましたが、それも結構大変なため、最近では、仕事でも、相手の許可が得られれば、LINEを利用することにしています。
長電話が想定される時にはLINE電話、すぐに終わると思った場合は、電話を利用するようにしています。
これにより、基本料金の4000円を大幅に超えることはなくなりました。